Twitter

Twitter広告多すぎ問題!広告表示される理由と減らす方法を解説

もんぐち社長
どうも、もんぐち社長(@monguchitakuya)です!

 

ねぇ、Twitterの広告多すぎない?使いにくいんだけど・・・。

 

Twitterの広告ってかなり出てきますよね。

タイムラインを埋め尽くしてしまうので、見たいツイートを探す妨げにもなります。

 

しかし、Twitterの広告は表示数を減らせるので安心してください!

今回は、Twitterで広告が表示される理由と減らす方法について解説します。

 

もんぐち社長
著者プロフィール

もんぐち社長(@monguchitakuya)

SNSマーケのトレンド発信|フリーランス,副業初心者を稼がせる人|Twitterで年間2億円売上|2100人受講オンラインスクール4つ⇒SNS運用,Web制作,アプリ制作,ウェブマーケティング|収益寄付|Twitter運用講座は固定ツイ無料配布

 

 

Twitter広告の多さに不満を抱いているユーザーも多い

Twitterの広告は、適度であれば問題ないのですが、最近タイムラインなどへの表示回数が多いとユーザーの間で不満の声があがっています。

たしかに目につく頻度は高いですね。

 

見たいツイートを探しているのに、広告ばかり表示されると鬱陶しい!と感じてしまっても無理はありません。

そもそもユーザーは広告を見るためにTwitterを利用しているわけではないから。

 

しかし、なぜTwitterは基本的に無料で使えているのか理由がわかりますか?

ここが広告と密接に関わってきます!

 

なぜTwitterでは広告が表示されるのか?

Twitter Blueはリリースされましたが、現在無料で使えています。

では、Twitterはどうやって収益を得ているのでしょうか?

 

正解は、企業向けに広告枠を提供しているから。

掲載を希望している企業がお金を払って、Twitter側に宣伝してもらっています。

 

Twitterは拡散力に優れているため、多くの人にアピールできる場所なのです。

最近では利用している企業も多いですよ。

よって、広告の種類も増えているというわけです。

 

Twitter広告はどのようにして選ばれている?

表示される広告ですが、ランダムに選ばれているわけではありません。

ユーザーの興味があること、趣味嗜好に基づいて表示されています。

 

ちなみに、なぜこの広告が表示されているのか確認もできますよ!

まずは該当広告の右上の「・・・」を押します。

 

続いて、「この広告が表示されている理由」を押します。

 

すると、以下のように表示理由がわかるというわけです。

 

 

なぜ表示されたのかわからない場合は、お伝えしたように調べてみてくださいね。

 

興味のない広告は非表示にできる

表示される広告の中には興味あるものとそうではないものがあると思います。

興味ないなと思った広告は、アカウントごと非表示にすることも可能ですよ。

 

方法は簡単!

先ほどの「・・・」を押した後、「@〇〇さんをミュート」ボタンを押すだけ。

ミュートを解除したくなった場合は、「設定とプライバシー」よりすぐに解除できますよ。

 

Twitterの広告を減らす方法3選

実際にTwitterの広告を減らす方法は以下の3つです。

 

  • Twitter Blueに登録する
  • 1つずつ手動で対策する
  • 興味関心より項目を管理する

 

Twitter Blueに登録する

2023年1月11日から日本でもリリースされた有料サブスクリプション「Twitter Blue」。

ユーザーが使いやすくなる多数の機能があります。

近日中にTwitter広告の表示が半減すると公式サイトに記載がありました。

いつからかは未定ですが、広告にストレスを感じている人にとって嬉しい情報ではないでしょうか。

 

あくまでも半減ですが、減るだけでだいぶ使いやすくなりますよね!

まだ機能は実装されていないので、情報を待ちながらお待ちくださいね。

 

Twitter Blueについて、こちらの記事でまとめています。

 

話題のTwitterBlueとは?特徴やメリット・デメリットを解説

もんぐち社長どうも、もんぐち社長(@monguchitakuya)です!   最近話題のTwitterBlueってどうなの?登録した方がいい?    2023年1月11日から日本で ...

続きを見る

 

1つずつ手動で対策する

Twitterは、自分で表示される広告数を管理することはできません。

しかし、さきほどお伝えした「ミュート」をはじめ、手動で対応することは可能です。

 

①該当の広告のみを非表示にしたい場合

アカウント名の横「・・・」を押します。

そして「この広告に興味がない」をタップしましょう。

簡単にできますね。

 

また、自分にとって不快だと感じる広告が流れてくることもあるかと思います。

広告ごと運営に不快であると訴えることも可能です。

方法は、途中までさっきの方法と同じ。

 

②広告を運営へ報告する場合

アカウント名の横の「・・・」を押します。

そして、「広告を報告」を押すだけ。

すると、報告する理由がでてくるので選んで押しましょう。

 

興味関心より項目を管理する

設定により興味がある項目を管理する方法があります。

表示される広告の傾向を操作できるのです。

 

手順は以下のとおり。

 

①「設定とサポート」を押す

②「プライバシーと安全」を押す

③データ共有とカスタマイズより「広告の環境設定」を選択

④「興味関心」を押す

 

すると、「このユーザーは興味関心があるのでは?」と、Twitterが判断した項目がずらっと表示されます。

ここのチェックを外すと、興味関心がないことがTwitter側に伝わり、関連の広告が表示されにくくなりますよ。

 

広告を減らして快適にTwitterを使おう

Twitter広告は、現段階ではすべてを消すことはできません。

今回ご紹介した方法で、広告数を減らしたり、興味のない広告を非表示にしたりできるので、ストレスを感じている場合は実践してみてくださいね。

 

eduGateは0からのSNS運用でも、最短・最速でビジネスにつながる買い切り型オンラインスクールを開講しています。

公式LINEYoutubeでもTwitterのタメになる情報をお伝えしているので、ぜひチェックしてくださいね。

 

一緒に頑張ろうな!!

 

-Twitter

© 2023 eduGate × Blog